ページの先頭です

親と子どものためのADHDナビ

よくある質問

その他

Q1

医師からADHDと診断されましたが、そのことを本人に告げるべきかどうか悩んでいます。
やはり伝えた方がよいのでしょうか?

本人への告知はとても難しい問題です。本人がどのように受け止めるかは子どもの性格や年齢、発達のレベル、その時の精神的状況によりますからタイミングを見計らう必要があります。

本人が自分の症状を聞いてきたり、ある程度自分の得意な面や苦手な面を把握し、なんとかしようと前向きになっているときがチャンスです。
いずれにしても、ADHDの重症度やそれを支えることができる周囲のサポート体制を考慮して、告知する時期を主治医やカウンセラーと相談しながら決める必要があります。

監修:社会福祉法人 恩賜財団 母子愛育会 愛育研究所
児童福祉・精神保健研究部長・愛育相談所長 齊藤 万比古 先生

Q2

ADHDと診断されて治療薬を処方されましたが、まだ本人にはADHDのことを告げていません。薬はビタミン剤などと偽って飲ませるべきでしょうか?

本人に病気のことを伝えていなくても、治療薬をビタミン剤などと偽って飲ませることは好ましくありません。

毎日服薬しなければならない薬なのに、ビタミン剤では子どもには服薬の重要性は理解されませんし、本人が納得していない状態では継続的な服用が望めません。
「このお薬を飲むと、むやみに動き回ったり、忘れ物をしたりしなくなるから毎日飲もうね」と本人が自覚できる部分を補うための薬であることを説明すれば、ADHDであることを伝えていなくても納得して飲んでくれるようになります。

監修:社会福祉法人 恩賜財団 母子愛育会 愛育研究所
児童福祉・精神保健研究部長・愛育相談所長 齊藤 万比古 先生

Q3

自分の子どもがADHDであることは、学校では伏せておきたいのですが…。

無理せず、まず協力的な人に話してみましょう。

ここ数年の間に、学校におけるADHDへの理解は格段に深まってきましたが、誤解や偏見が完全になくなったわけではありません。
最初から関係者全員に話すと問題が大きくなることもあり、ご家族やお子さんが孤立する恐れもあります。
また一方では、ADHDのあるお子さんを育てるうえで、周囲の理解と支援が必要です。ADHDであることを完全に伏せることは、適切な支援の妨げにもなり、お子さんのためにも良くありません。
まずは、似た境遇の保護者や、理解のありそうな教師・保護者などに少しずつ話していきましょう。そこから支援の輪が広がります。

監修:社団法人 発達協会 王子クリニック 院長 石崎 朝世 先生

Q4

私が担任をつとめるクラスの児童にADHDと診断された子がいて、問題行動が大変多いためクラスの子どもたちに混乱や困惑がみられます。子どもたちの理解を得るにはその子がADHDという病気であることを伝えた方がいいと思いますが、どうでしょうか?

周囲のサポートが得られやすいなどの観点から考えれば、クラスの子どもたち父母に告げた方がよいと考える気持ちは大切ですが、家族の同意が必要です。本人や家族の同意を得ずに、先生の判断だけでクラスの子どもたちに告げてしまうと、本人を不登校などに追い込んでしまう場合もありえます。

本人および家族が病気を受け入れて公表する準備ができるまでは、クラスの子どもたちに混乱が起こらないように、チーム・ティーチングなどの他の手段を講じて教育現場側でサポートすることが必要です。

監修:社会福祉法人 恩賜財団 母子愛育会 愛育研究所
児童福祉・精神保健研究部長・愛育相談所長 齊藤 万比古 先生

大人のよくある質問も掲載しています。

大人のためのADHDナビ

ADHDの可能性の有無を簡易的に調べるチェックリストです。
結果をみて「もしかしたら?」と思ったら、専門医に相談しましょう。

メンタルナビなら地域検索はもちろん、駐車場有無、早朝・夜間診療、
最寄り駅や所要時間など様々な条件から病院を探せます。

ページの先頭へ