ページの先頭です

親と子どものためのADHDナビ

ADHDの症状

ADHDの症状

発達障害の一つであるADHD(注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害)には、3つの大きな特徴がみられます。
その現れ方は子どもによってさまざまで、1つの特徴だけ目立つ子どももいれば、複数の特徴がみられる子どももいます。

どんな症状なの?・中心症状とは?

ADHDは、次の3つを中心的な症状とする発達障害です。

症状の現れ方や程度にはかなり個人差があり、大きくは次の3つに分類されます。

  • 1.混合状態(不注意、多動性、衝動性の3つがみられる)
  • 2. 不注意優勢状態
  • 3. 多動性・衝動性優勢状態

また、ADHDの重症度として、「軽度」「中等度」「重度」の3つに区分されます。

実行機能の低下によって引き起こされるADHD

ADHDには、実行機能の低下をはじめとする脳の機能的障害が背景にあると考えられています。「実行機能」とは、目の前の状況を把握して認知する力、順序立てて考えをまとめる力、衝動的に反応せず行動を待てる力、現在の状況と過去の記憶を照らし合わせて判断する力、実行に移る前に順序立てる力のことです。この実行機能が障害されているために、「多動性」や「衝動性」、「不注意」が引き起こされると考えられています。

どんな症状なの?・中心症状とは?
「不注意」

ADHDの中心的な症状の1つである「不注意」には、次のようなことが多くみられます。

  • 宿題や傘などの忘れ物が多い。
  • 机の中や周囲の整理整頓が苦手。
  • 鉛筆や消しゴムなどの学習用具を机の上から落としやすい。
  • 文章を飛ばして読んだり、思い込みで読んでしまう。
  • 先生の話をちゃんと聞かずに、行動が遅れてしまう。
  • 話しかけられていても、うわの空に見える。
  • お友達との約束を忘れてしまったり、間違えてしまう。

ADHDの子どもは、同年代の児童にくらべて、注意力や集中力が持続しないのが第一の特徴です。特に興味のないものに対して、長く注意を向けたり集中したりするのが苦手です。また、人と話をしている最中や勉強をしているときでも、周囲でちょっとした動きや物音がすると、そちらに意識が向いてしまったりします。忘れ物やケアレスミスも多くみられます。

どんな症状なの?・中心症状とは?
「多動性」

ADHDの中心的な症状の1つである「多動性」には、次のようなことが多くみられます。

  • 意味もなく、落ち着きなく手足を動かす。
  • 席にじっと座っていることができず、常にそわそわしている。
  • 静かにするときも、おしゃべりがやめられない。走り回る。
  • 授業中に席を離れて歩きまわる。
  • 集団行動が苦手。

ADHDの子どもは、黙ってじっと席に座っていることが苦手です。他の子どもたちがみんな席についていても、先生が注意しても聞かず、教室内を歩きまわったりします。多動には「移動性多動」と「非移動性多動」がありますが、上記のケースは移動性多動です。非移動性多動の場合は、席を立つことはしませんが、ひっきりなしに体を動かしたり、物をいじったりして授業に集中できません。成長するにつれて、移動性多動から非移動性多動へと移行していくケースが多いといわれています。

どんな症状なの?・中心症状とは?
「衝動性」

ADHDの中心的な症状の1つである「衝動性」には、次のようなことが多くみられます。

  • 授業中、勝手に話し出したり、他の児童への質問に答えてしまう。
  • 順番を待つことができず、列に割り込みしてしまう。
  • お友達の邪魔をしたり、ちょっかいを出したりしてケンカになる。
  • お友達の持ち物を勝手にさわったりしてトラブルになる。

ADHDの子どもは、衝動的な反応を抑えることが苦手です。そのため、何かを思いついたり、何かが気になったりすると、結果を考えずに即座に行動してしまうことがあります。
道の向こう側に気になるものが見えたら安全を確認せずに飛び出してしまったり、自分の順番が来るまで静かに並んで待てないことも、ADHDの子どもによくみられます。

どんな症状なの?・二次性の症状

ADHDの子どもは、「多動性」「衝動性」「不注意」の3つの代表的な症状以外にも、いくつかの付随する症状や問題を抱えていることがしばしばあります。このような症状や問題を放置したままにすると、さらに別の問題を引き起こしたり、学習面の遅れを生じたり、成長に伴って得られるはずの社会的なスキルを習得できなくなる恐れがあります。これらの症状や問題は、ADHDの中心症状のために引き起こされる二次性の障害ととらえることができます。二次性の障害があると治療経過や予後に大きな影響が出ることがわかっていますから、早期治療・療養がとても重要になってきます。

おこりっぽくなり、反抗的態度や攻撃的行動を起こします

ADHDの子どもは、ときに悪意もなく衝動的に誰かを叩いたりするため、反抗的にみえ、周囲から非難されたり、トラブルを抱えることが少なくありません。この状態が続くと感情をコントロールできなくなって腹を立てたりかんしゃくをたびたび起こすようになり、次第に本当の反抗心や反抗的な行動へと発展していくことがあります。

学習困難で学習に遅れがみられます

ADHDの子どもは、もともとは知的な遅れがないにもかかわらず、学習能力が阻害されてしまっていることが多くあります。多動性や不注意があるため、すぐに他のことに気をとられてしまい、学習に身が入らないためです。ADHDの子どもの1/3ほどが学習障害を伴うといわれています。

社会的なスキルを身につけるのが苦手で、周囲とトラブルになることがあります

ADHDの子ども、集団行動で学ぶべきコミュニケーション能力などの社会的なスキルを年齢相応に習得するのが苦手です。そのため、周囲から理解されにくく、友達とトラブルになったり、集団から浮いてしまったりすることがあります。大人になってもその影響が残ることがあります。

常に劣等感を感じているため、自尊心や自己評価が低くなります

学習の遅れや、学校や家庭でたびたび叱られていること、トラブルばかり起こして周囲から嫌われている、孤立していると思うことなどから、ADHDの子どもの多くが自分に劣等感を抱いています。本人もなんとか状況を変えようと努力しますがなかなかうまくいかず、そのために自尊心が傷つき、自己評価が著しく低いことがめずらしくありません。

情緒面でかなり不安定になります

ADHDの子どもは、周囲からからかわれたり、両親や先生、友達から叱られることが多いため、ひどい孤立感を抱いている場合が少なくありません。そのことが引き金となって、極度に親離れが苦手になったり、学校生活に強い不安を感じたり、あるいは抑うつ的(気分が沈むこと)となるなど、情緒面でかなり不安定になることがよくみられます。

成長段階でみた特徴

ADHDの子どもは、一般的には2~3歳ごろから、落ち着きのなさやかんしゃくなどによって周囲に気づかれるようになります。さらに、学校に通う頃になると、突発的な行動が目立ち周囲の子どもたちから浮いた存在となり、学年が進むにつれて勉強の遅れや反抗的態度がみられるようになる場合があります。

  • 乳児期(~1歳)

    泣くことが頻繁で、なだめることが非常に難しく、歩き出すころには過剰な運動行動がみられます。また、フラフラになるほど眠くなっても眠ろうとしなかったり、食事面では朝、昼、晩の規則正しい食事のリズムの確立が困難なこともあります。

  • 幼児期(1~6歳)

    落ち着きがなく、じっとしていられません。言うことが聞けず、破壊的な遊びを好むこともあります。我慢ができないために、ときに癇癪を起こすこともあります。また、言葉の軽い遅れがあったり、排泄の自立が遅れるといったこともみられます。

  • 児童期(7~12歳頃)

    じっと着席していることができず、座っていても常に体のどこかを動かしています。注意が散漫で、興味の対象がめまぐるしく変わります。忘れ物や紛失が目立ちます。おしゃべりで他人のじゃまをしたり、出し抜けに答えてしまったりする一方で、他人から話しかけられてもうわの空に見えることがたびたびあります。行動が突発的で、怒りをあらわにしやすく、友達と仲良くすることが苦手です。また、不器用だったり、勉強の遅れも目立つ場合があります。

  • 思春期(13~18歳頃)

    児童期に比べて多動性は減少しますが、集中が困難であったり不注意が持続します。ルールに従うことができず、両親、教師、友人と衝突することが多くなることがあり、ときに反社会的な行動をとることもあります。学習意欲が低く、学業の不振が顕著となり、自尊心が低くなることもまれではありません。その結果、やる気がなくなり、なげやりな態度になります。また学校生活への意欲を失い、自分の世界へひきこもりがちになっていく場合もあります。

どのような経過をたどるの?

かつては、ADHDは成長にしたがって改善していくと考えられていましたが、その後の研究から、多くは慢性的な経過をたどることが明らかになってきました。

長期的な経過は3つのタイプに分かれると考えられています。1つは「成人期までに症状が消失するタイプ」、2つめは「成人期まで症状が続くタイプ」、3つめは「症状の持続に加え、気分障害やアルコール・薬物依存といった障害を合併するタイプ」です。

ADHDの予後(長期的経過の見通し)を左右する要因
良好な予後が期待できる要因
  1. 他の障害や疾患を合併していないこと
  2. 良好な知的能力があること
  3. 学業不振の程度が軽度であること
  4. 著しい劣等感がなく、自尊心がひどく低下していないこと
  5. 感情が不安定でないこと
  6. 過去に何かを達成したことがあること
  7. 周囲の理解があり、サポートが得られること

*逆に上記のいくつかが欠けていると、予後が悪くなる可能性があります。

どうして起こるの?

現時点では、ADHDの発症原因ははっきりしていませんが、近年、脳の画像診断による研究報告から、神経生物学的な原因により生じることがわかっています。さらに、遺伝との関係について研究が進められているほか、脳内の神経伝達物質の関与も明らかになってきました。つまり、脳の器質的・機能的な原因のために発達・成熟に偏りが生じ、ADHDの症状が現れると考えられています。
ADHDの原因が「親のしつけの悪さ」にあるといわれることがありますが、それは大きな誤解です。
ADHDの発症には、遺伝的要因、出産時に生じた障害などによる脳の形態学的な異常、脳内の神経伝達物質のバランスの乱れなどの機能異常常、環境的要因などが複雑に絡み合っていると考えられます。

脳に未成熟な発達が認められます

ADHDをもつ人の脳では、注意力・行動の調節に関与している「尾状核」や、注意力・判断力・衝動の抑制などに関わる「前頭葉」と呼ばれる脳の一部が健康人に比べて小さいことがわかっています。ADHDの子どもの脳波は、実年齢より幼い波形を示し、脳の形成が未成熟であるという報告もあります。さらに、脳血流量で調べたところ、ADHDの人では通常の人よりも血流量が少なく、活動が低下している脳の領域があることが明らかになっており、これらの研究によりADHDが神経生物学的な未成熟さに原因があることが証明されています。

神経伝達物質の働きが深く関与しています

ADHDの症状発現に関わっていると思われる脳の領域に、神経伝達物質であるドパミンやノルアドレナリンの神経経路が多いことや、ドパミンやノルアドレナリン、あるいはセロトニンの活性を変化させる薬剤を用いると症状が改善されることから、これらの神経伝達物質が関係していると考えられています。

「障害のもちやすさ」が遺伝します

ADHDは、家族内、血縁者の中にもみられる割合が高いことから、遺伝的関与があると考えられています。ADHDの子どもに兄弟がいる場合、発症する割合は一般に比べて5~7倍高く、親がADHDであると子どもの発症率は約50%と報告されています。
ただし、ADHDの遺伝メカニズムは「障害のもちやすさ」が遺伝していると考えられ、複数の遺伝子と環境要因の相互作用が絡む多因子遺伝という考え方が支持されています。

大人のADHDを学べて、上手に付き合えるヒントもまとめています。

大人のためのADHDナビ

ADHDの可能性の有無を簡易的に調べるチェックリストです。
結果をみて「もしかしたら?」と思ったら、専門医に相談しましょう。

メンタルナビなら地域検索はもちろん、駐車場有無、早朝・夜間診療、
最寄り駅や所要時間など様々な条件から病院を探せます。

ページの先頭へ