ページの先頭です

親と子どものためのADHDナビ

体験談

他人に見せないつらさを体験する

ADHDの子どもにみられる特徴

3つの特性が幼児期から見られる

ADHD(Attention Deficit / Hyperactivity Disorder)は、①年齢にふさわしくないほど注意・集中力が続かず、なおかつうっかりした間違いをしてしまいやすいという「不注意」、②ともかくじっとしていることができない「多動性」、③相手の話をきちんと最後まで聞いてから答える、順番を待つ、ということが我慢しにくい「衝動性」、という特徴ある言動のいくつかが、7歳以前に2つ以上の状況で(例えば学校と家庭など)存在することから診断されます。

本人は社会的、学業的、または職業的に「うまくいかない」というつまずきを自覚し、関係者、特に親は、幼児期から独特の育てにくさ・対応の難しさ(気が休まらないほど忙しく動き回り、指示が全く通らない、こちらの気持ちが届いてない等)を自覚しています。

アメリカの診断マニュアルであるDSM-Ⅳ-TR*では、ADHDの有病率(あるいは発生確認率)は、学齢期の子どもで3~7%、性差はおよそ2:1から9:1と男児優勢としています。成人の有病率(あるいは発生確認率)は5%前後、男女比は2:1から1:1程度と考えられています。脳科学、生化学的研究や遺伝的要因から原因を究明しようとする研究が盛んになってきています。

*DSM-Ⅳ-TR:精神疾患の診断・統計マ二ュアル

バーチャルADHDとは

ADHDのある方の言動・感情・精神的負担を理解することが目的

ADHDは、「不注意」、「多動性」、「衝動性」という、もっぱら言動面に現れやすい3つの特性があります。そのため、ADHDを知らない人たちは、こうした言動を示す子どもたちは親のしつけがなっていないから、本人がわがままだから、と誤解してしまいやすく、当事者や親は、そうした誤解にとても傷ついています。

ADHDを理解するには、ADHDの特性を正しく学ぶことと、その特性のある人の心情をできるだけ理解することが大切であるといわれています。

このバーチャルADHDは、ADHDの特性と特性から派生する生活の困難さを、できるだけリアルに疑似体験していただくことで、ADHDのある方々の日常生活における言動や感情、およびそこに生じやすい精神的負担について理解していただくことを目的に制作した心理教育用のツールです。

バーチャルADHD制作に当たっての基本方針

バーチャルADHDは、不注意、多動性、衝動性というADHDの特性が、いったいどういったことなのか、あるいは日常生活ではどのような状況なのかを、できるだけリアルに体験できるよう制作しました。しかし当然ですが、特性により作り出される状況は非常に多彩なため、そのすべてを疑似体験することは技術的にも困難です。そのため、このバーチャルADHDでは、不注意を中心に、衝動性の一部をも含めた形で疑似体験できるように制作しました。あくまでもADHDのある人の生活状況の一部を疑似体験できることを目的にしていることを、あらかじめご理解ください。

次のような自覚がある方は?

子ども時代に虐待を受けた方や、叱られたり、怒鳴られたりすることが多かった方は、バーチャルADHD体験が過去の体験を思い出させてしまうことがあります。過去にそういった経験のある方は、使用をお控えいただくか、使用中に気分や体調が悪くなったときには、途中であっても装置を外して中止してください。

大人のADHD体験談も掲載しています。

大人のためのADHDナビ

ADHDの可能性の有無を簡易的に調べるチェックリストです。
結果をみて「もしかしたら?」と思ったら、専門医に相談しましょう。

メンタルナビなら地域検索はもちろん、駐車場有無、早朝・夜間診療、
最寄り駅や所要時間など様々な条件から専門医を探せます。

ページの先頭へ